不快な表現

女子「力」女はいずれ雑に扱われる

今回は「女子力」なる謎の言葉について。

もしあなたが、このあまりにも抽象的な言葉に疑問を持たないなら気を付けたほうが良い。

男性からはいずれ粗末に扱われることになりかねない。

まともな大人の女性は「女子」を自称しない

まず自覚してもらいたいのは「女子力」なる言葉はバカな女から金を搾り取るための撒き餌であるということだ。

あなたがまだ学生なら、薄汚い商売人が作ったこんな言葉に釣られるのも、かろうじて仕方ないと思える。

しかし、周囲から大人だと認知される年齢や立場の女性が「女子力」なる撒き餌に飛びつき「女子」を自認または自称しているなら、言語感覚を見直すべきだ。

まともな大人の女性は「女子」を自認または自称しない。何故なら「女子力」や「大人女子」や「女子会」などの言葉には、思考を操り金銭を搾取するという作為があからさまに見えているからだ。

それなりに人生経験がある女性なら商売人の作為に気付けるだけの勘が働く。

やたら増えた「〇〇力」「〇〇活」「〇〇感」

これらの言葉に警戒センサーが働かない人は心のメンテナンスを薦める。

まともな大人の男性も「女子」と呼ばない

商売人の作為に対する警戒心が働くのは、当然男性にもある。

女子は元々若い女性だけを表す言葉ではありません
トイレもスポーツも女子と言っているだろ

こういった小賢しい理屈にも惑わされない。本質は「やたら『女子』という表現が増えた」ことにあると見抜く。そして、思想を誘導し、消費行動を促したい魂胆を見透かす。

そんな男性は大人の女性に対して安易に「女子」とは言わない。

身体目当ての男がターゲットにするのは当然

「女子力」や「大人女子」を自認する女性は、薄汚い商売人の肥やしになるだけではない。

身体目当ての男からも狙われやすい。そんな男たちは積極的にあなたを肯定する。

女子力高いね
ステキな大人女子だね

そんな甘い言葉であなたの自意識をくすぐり煽てる。

ファッション、ヘア、メイク関連のメディアや恋愛関連のサイトなどが作ったフワフワキラキラした言葉に踊らされるような女性のフトコロに入り込むのは、彼らからすればさほど難しくない。

そこで

私はモテている💝

と勘違いすることなかれ。

「女子力」というフワフワキラキラした雰囲気ワードに浮かれているような女性を誰が大切にしてくれるだろうか。

いずれは雑に扱われるのがオチだ。男の性欲を吐き出したいときにだけ必要とされる悲しい関係になるのは目に見えている。

若いというだけでは価値がない

「女子会」なる言葉も同じ。

「女子会」と言ったところで、実態はおばさんの井戸端会議でしかない。「女子会」なる言葉で得をするのは、目先の利益しか考えない商売人くらいなもの。

断っておくが、おばさんの井戸端会議が悪いと言いたいのではない。寧ろ良い会話の場だとすら思う。それがたとえ愚痴大会であっても。

私は、若いというだけで高い価値を見出さない。故に「女子」なる言葉の若作りに乗せられるのは逆に価値を下げると考える。

自己肯定は大切だが「女子力」なんて言葉でそれを得ることはできない。そんなものは自己肯定ではなく自己欺瞞。

あなたの魅力や価値はきっと別のところにある。「女子力」というマヤカシから距離を置く。それが本当のあなたの魅力を見つける第一歩だ。

もうそろそろ「女子力」なる奇妙な言葉に擦り寄り、内実にそぐわない若作りをするのはやめよう。

そして、まともな言葉を探そう。

言葉の悪用と変質

私はこう先述した。

「女子」なる言葉の若作りに乗せられるのは逆に価値を下げると考える。

これは「力」や「大人」などを付け、造語化したせいで「女子」そのものの印象が変化したことの弊害なのだ。

造語化以降「女」や「女性」と称するのが自然な状況にも関わらず、わざわざ「女子」と表現する人が増えた。これは「女子」という言葉そのものが変質したことを如実に現している。

「女子」と発すると、あたかも自分が若返ったかのような気分を得られたり、デコラティブな要素を加味できると感じたりするのは、造語化が盛んになった後であることは間違いない。

強欲な商売人は「女子」という言葉を悪用した。そして、「女子」という言葉を変質させてしまったのだ。

私は「女子トイレ」や「女子100m走」などの言葉にすら抵抗が出てきてしまっている。あなたはどうだろうか。強欲な商売人は実に罪深い。

棋士のように「女流」を用いるのも大仰に感じられるので悩ましい。

兼高かおるさんは「女」と言っていた

紀行番組「兼高かおる世界の旅」で知られる「兼高かおる」さん。平成三十一年に亡くなられた兼高さんは生前、このようなことを語っていた。

外国、風景もですけど、外国の人たちはね、そのときに私たちは見られている立場です。見られているときに私は日本代表でございますので、特にの代表です。

あの当時は私どものマナーと言うのがあって、それが外国には非常に優雅に見えたようです。外国を知って日本も知る。

日本を知って外国を知る。そういう両方をね、知っていくのが国際化なんですね。

兼高さんは「女」をサラリと用いている。これで良い。私は兼高さんが大好きだ。

女性よ怒れ

「女子アナ」なんて言葉が一般化するのも本来は異常なのだ。

なぜ男女区別なく「アナウンサー」だけではダメなのか。区別するにしても「女性アナウンサー」と呼称するほうが適切なはずである。

答えを述べよう。

「フジテレビ」が女性アナウンサーをアイドル化して売り込もうという魂胆があるから「女子アナ」なのだ。

ついでに言うと、何故「女性アナウンサー」ではなく「女子アナウンサー」でもなく「女子アナ」なのか。

「アナ=穴」の意が暗に込められているからだ。「穴」とは女性器のこと。

女性たちよ、あなた方は心無い商売人から蔑視されているのだ。変質しきった「女子」呼称に踊らされている場合ではない。

怒れ!そして「女子力」や「〇〇女子」というバカワードを地面に叩きつけてやれ。

まともな身体作りに取り組んでいる女性はモテる本気で身体作りに励む男性は知っている。筋肉を増やすことがいかに大変か。女性となるとその大変さが跳ね上がることも理解している。身体作りに励む男性の全てとは言わないが、生活リズムや食事に気を使っている。暴飲暴食もしない。アルコールに溺れない。遊興にも関心が薄い。どうせ寄ってくるならまっとうな生活を心掛けている男性のほうが良いに決まっている。...

この記事の評価

ABOUT ME
Avatar photo
語求(ごきゅう)
「適切な言語感覚」を探求する者。「言葉の変化全肯定論者」の軽薄さと危険性を独自の視点で暴き出す。「言葉は生き物」「言葉に寛容になれ」と心無い批判をされた人よ。あなたの言語感覚は間違っていない。そんな奴らに屈するな。国防に必要なのは核武装 と言語の保守だ。アイコンはユルいが50代の筋トレおじさん。