不快な表現

コメント欄に繁殖する目障りな「草」|日本の言語空間には大量の除草剤が必要

とりわけインターネット上の言語空間で頻繁に目にする「草」という表現について語る。

「草」は意見にあらず

「草」と書いているのを見てあなたはどう思うだろうか。

笑ったことを意味している

なんて答える人がいるかも知れないが、実は全く意味を内包していない。その言語空間に参加している証を残したいだけなのだ。

参加している痕跡として、とりあえず「草」と書いているに過ぎない。

最初は勿論「笑う」「笑った」のような意味合いが含まれていただろうが、目新しい言葉に飛びつくアホバカマヌケ共の手に渡ると、意味なんてものは即座に揮発してしまう。

あらゆる場所で「~は草」だの「~で草」だのと書いている奴らは、意見を言語化して表現する作業をサボる怠け者であるが故に、己の頭から意見そのものが揮発していることにすら気付かない。

「どうでもいい」というコメントも「草」に近いものがある。「どうでもいい」ならコメントする必要はない。にも関わらず「どうでもいい」書いてしまうのはまさに「参加している痕跡」であり、それ自体が目的なのだ。

意見や思考なんてあろうはずがない。

「除草剤」で根絶やしにしたくなる

言語空間における「草」は所構わず繁殖し群生し場を荒らす。まさに「草ボウボウ」であり「雑草」そのものなのだ。

昭和天皇はこうおっしゃられた。

昭和天皇
昭和天皇
雑草という草はない

なんと慈愛に溢れた言葉だろう。

しかし、今や言語空間に生い茂っているのは、紛うことなき「雑草」である。「草」と書くような奴らは「慈愛」ではなく「自愛」しかない。故にまさしく「雑草」と呼ぶべきものなのだ。

これだけ至るところで「草」が繁殖しているのを目にすると「除草剤」で一気に枯らしてしまいたくなる。

この記事の評価

ABOUT ME
Avatar photo
語求(ごきゅう)
「適切な言語感覚」を探求する者。「言葉の変化全肯定論者」の軽薄さと危険性を独自の視点で暴き出す。「言葉は生き物」「言葉に寛容になれ」と心無い批判をされた人よ。あなたの言語感覚は間違っていない。そんな奴らに屈するな。国防に必要なのは核武装 と言語の保守だ。アイコンはユルいが50代の筋トレおじさん。