不適切用法

コスパは「PB」に殺された|コスパという用語が信頼をなくした原因|撲滅のすゝめ

「コスパ」。この言葉のデタラメさにウンザリしている人も少なくないだろう。どこを見ても「コスパ」。耳を傾ければ「コスパ」。その結果、増えたのは混乱。

私はこの言葉が流行し意味を失う原因があると思っている。それは「ワンオペ育児」や「ブラック企業」に見る原因と同様だ。あなたには原因を知った上でこの言葉の撲滅を薦めたい。

もはや意味をなしていない「コスパ」

「コスパ」

これを目にしない日はない。耳にしない日もない。

「コスパ」という表現に関して、あなたも下記のような感情を抱いたことがあると思う。

語求(ごきゅう)
語求(ごきゅう)
この洗い桶、サイズや材質見る限り、我が家の流し台に合いそうだ。
語求(ごきゅう)
語求(ごきゅう)
お、使用者の感想があるぞ。
語求(ごきゅう)
語求(ごきゅう)
は?コスパ良いのにヌメリが着きやすいことが不満だと?
語求(ごきゅう)
語求(ごきゅう)
じゃあコスパ良くないだろ。
語求(ごきゅう)
語求(ごきゅう)
うっかりしてBCAAを買い足すのを忘れた。
語求(ごきゅう)
語求(ごきゅう)
即発送できるノンフレーバーのBCAAを見つけた。200g~1kgの中から選べるのは助かる。
語求(ごきゅう)
語求(ごきゅう)
レビューも意外に多いな。
コスパ最高!でもマズい。星2つです。
語求(ごきゅう)
語求(ごきゅう)
は??味を重視するならお前にとってコスパ最低だろ。
語求(ごきゅう)
語求(ごきゅう)
そもそもBCAAを味で評価すること自体おかしい。こいつBCAAを摂る目的忘れていないか?

私は溢れかえる「コスパ」なる言葉のデタラメさに辟易し、激しい怒りすら覚えるようなった。

近頃では「コスパ」と書かれているレビューには片っ端から「参考ならない」「違反報告」などをクリックしている。「コスパ」本来の意味を成しておらず「レビュー」の条件を満たしていないからだ。

お前が評価しているのは「コスト」「プライス」だろ

乱用される「コスパ」には特徴がある。

それは「コスト」あるいは「プライス」にしか関心がないことだ。

このコーヒー、ちょっとエグみがあるけど安いから=「コスパ良い」
このレンチ、加工精度が今一つでボルトヘッドを舐めやすい。だけど安いから=「コスパ良い」
この化粧水、ちょっとヒリヒリする。だけど安くて沢山使えるから=「コスパ良い」

「パフォーマンス」の部分はどこに行った?と問いたくなる感想ばかり。結局のところ「コスト」ばかりを気にかけ「プライス」にしか関心がないのだ。

「コスパ」乱用の原因は「緊縮財政」

「コスパ」という言葉が狂ったように用いられるようになったこと。これには政策的な原因が絡んでいると私は観ている。

緊縮財政

これが私の考える原因。緊縮財政とは政府が極力お金を使わないことだ。結果的に実体経済が縮小または停滞しそれが続く(ロングラン・スタグネーション)。そして、多数の国民が貧乏になる。つまりは不景気で国民全体の収入が伸びないということ。

緊縮財政には二つの要素が大きく関与している。それは「PB」と「B/C」である。「PB」と「B/C」とは何か。それらがどのように関与しているのかを説明しよう。

「PB」の導入と「B/C」の悪用

「PB=プライマリーバランス=家計簿」

見る

「PB」とは「プライマリーバランス」のことだ。「プライベートブランド」や「粒子ビーム」の略だと思った人もいるだろうが、当記事における意味はこれらではない。

語求(ごきゅう)
語求(ごきゅう)
「PB」を簡単に説明すれば「家計簿」である。
国の財政にも家計簿は必要だろ。

そう思った人は大きな見落としをしている。日本には「通貨発行権」があるということを。言わずもがな日本はお金を作る権限を持っている国だ。

「家計簿」はお金を作れない場合に必要なもの。よって「PB=プライマリーバランス=家計簿」は全く無駄な概念なのだ。三橋貴明氏に「おこづかい帳」と揶揄されるのもやむなし。

政府の財源は決まっているから、その中でやりくりしなければならない
財源が足りないなら増税するしかない

これが「PB=プライマリーバランス=家計簿」の考え方。「お金のプール理論」とも呼ばれている。

「PB」が当てはまるとすれば、都道府県やユーロ圏の各国など「独自の通貨発行権がない共同体」だ。当然、我が「国」は当てはまらない。

「PB=プライマリーバランス=家計簿」の概念があるかぎり「緊縮財政」から逃れることは困難だ。

プライマリーバランス 国と家計はぜんぜん違う

それ、お札を作って遊ぶ「札ルンです」っておもちゃ♪/事件じゃねーか!

実のところ「緊縮財政思想」は憲法第九条と抱合せの「財政法第四条」により植え付けられている。終戦後まもない昭和二十二年のことだ。

「財政法第四条」とは「(空想的)平和主義」に基づくもので「積極財政は戦争への道」という考え方。日米安保条約が加わることにより、その考え方は強固になった。

「PB」の導入は「グローバリズム」の推進の一環。「グローバリズム」とは「国家間のヒト・モノ・カネの移動」をしやすくすることだ。「新自由主義」とも呼ばれる。

「(空想的)平和主義」と「PB」は相性が良い。何故なら共通点があるからだ。その共通点とは「積極財政は悪、緊縮財政こそ善」という思想。

「PB」は平成十三年に竹中平蔵大先生が突っ込んだもの

財政法四条自体は憲法九条の裏書き

グローバリズムのトリニティ

語求(ごきゅう)
語求(ごきゅう)
「PB」導入は「(空想的)平和主義」と「グローバリズム」を結びつけ「緊縮財政思想」を強化する悪しき行為なのだ。

【徹底解説】緊縮財政は<空想的平和主義>の基礎である【財政法第4条】

「緊縮財政」の悪影響は幾つもある。そのひとつが「所得の低下」。正確には「所得格差の拡大」。

所得が低下するとどうなるか。「安得短」に走る。「安得短」とは「より安く」「より得を」「より短い期間で」という感情である。

これが進むと「とりあえず使えるものを安く買いたい」という気持にすり替わっていく。この気持が間違った「コスパ」の用い方に反映されている。

「B/C=費用対便益」

見る

「B/C」は「ビーバイシー」と読む。「B=ベネフィット(便益)」「C=コスト(費用)」である。

つまり「B/C」とは「費用対便益」あるいは「費用便益分析」「費用便益比」「費用対効果」のこと。

土木技術者が作った理論である「B/C」は、経済学方面で多用されるようになり、一般にもこの概念が広がった。本来の「コスパ」は「B/C」の概念と近似している。

「B/C」は土木技術者が作った理論

公共事業や大規模開発などには「B/C」が重要だ。しかし、この「B/C」は公共事業や大規模開発などをさせないための理屈として「悪用」されているのが現状。

どのように「悪用」されているのか。長期的な資産価値(ストック)を考慮せず、短期的な利益(フロー)のみを強調するために「B/C」を持ち出すのだ。

前項で示した通り「PB」による「緊縮財政路線」があるため「Aの予算を増やすにはBの予算を削る」という思考しかできない。

道路整備や水道管維持管理?単年度では費用対便益ないでしょ。
そんなものに予算回すくらいなら子ども手当に使うべきです。
水道なんて民営化して競争させれば良いではありませんか。

こういった意見が有力になってしまうのだ。

水道民営化は政府が金を出すのが嫌だから

公共事業は「ストック」として初めて成果が出る

公共事業というのは単年度の「フロー」の言葉からは観えてこない

採算性だけで見るというのがこの国にこびりついてしまった

歪んだ損得勘定の蔓延

「PB」導入や「B/C」の悪用により世の中は「損得勘定」優先になってしまった。その「損得勘定」は今や完全に「短期化」し、すぐに得と感じる「安さ」を求めるだけの観念に成り果てたのだ。まさに「歪んだ損得勘定」の蔓延。

「損得勘定」の歪み具合は深刻で、結婚や男女関係にまで及んでいる。結婚、恋愛、性交にも「コスト」の観念を持ち込んでしまうのだ。

語求(ごきゅう)
語求(ごきゅう)
これらは二名の学者の論調とそっくりである。
語求(ごきゅう)
語求(ごきゅう)
その二名の学者とは「ゲーリー・ベッカー」と「リチャード・ポズナー」

悪名高い(と私が確信する)経済学者ミルトン・フリードマンの弟子である「ゲーリー・ベッカー」は結婚生活に「B/C」の手法を持ち込み、彼の友人で法律学者の「リチャード・ポズナー」は、いわゆる「性」も市場に流通させると安くなると唱えた。

「ゲーリー・ベッカー」「リチャード・ポズナー」両名の理論は日本の「構造改革」の基礎になっているのだ。

「日本の構造改革」の原理となったベッカーとポズナー

日本の政策が貧困化させる方向へ進んでいるのだから安定した収入が見込めない。
故に結婚や恋愛にもコスト意識を持たざるを得ない。
語求(ごきゅう)
語求(ごきゅう)
この気持は痛いほどわかる。

だが、人生は数値化できないものが多くある。大抵は「コスト」で割り算して数値にできるものではないのだ。普段の買い物もどれだけの分野が数値化できるのか疑問である。

例外があるとすれば衛生分野。使い捨ての衛生用品ならば「B/C」や短期的な「フロー」の考え方が当てはまるかも知れない。洗浄や消毒を繰り返すより、廃棄と新調をするほうが好ましいと考えるのは私も概ね賛成する。

一方、衛生分野以外に「損得計算」が当てはまる対象があるのだろうか。耐久性という要素を加えても単純に「損得計算」できないのだから、対象分野の方が少ないと考えるのが妥当である。

数字の魔力

「コスパ」の用いられ方に「コスト」や「プライス」という側面しか反映されない理由は「PB」「緊縮財政」の他にまだある。

それは「数字の魔力」だ。

人間は数字に惑わされやすい。そして、服従しやすい。

この項目は別記事にする予定。とはいえ記事にするまでもなく、あなたは「数字の魔力」を日々体感していることを知っているだろう。

タイムセール、二重価格、期間限定、ハイスペックなどで。

そして「コスパ」は殺された

以上のことから【コスパは「PB」に殺された】という記事タイトルの意味が何となくご理解いただけただろうか。わからないぞという人のために要約しておこう。

コスパは「PB」に殺されたという主張の要約
「PB」は「緊縮財政」を強固にする

「緊縮財政」は国民を貧乏にする

貧乏になるから「損得勘定」に固執する

徐々に「損得勘定」が歪む

「コスパ」という用語が目立ち始める

「数字」の魔力により「コスト」にだけ気が向くようになる

「コスパ」が乱用される

乱用により「コスパ」の意味が崩壊する

「コスパ」は乱用で死んだも同然

乱用の根本原因は「PB」にある

「コスパ」は「PB」に殺された

 

こんなところだろうか。殺されたという表現がオーバーと思うか否かはあなた次第。私はオーバーだとは思わない。現下「コスパ」の用いられ方は悲惨だからだ。

「PB」は「ワンオペ育児」という用語も生み出していると私は考える。「ワンオペ育児」については別記事にて持論を展開している。

当該記事内では全く触れていないが「PB」がなければ「ワンオペ育児」なんてふざけた言葉は出てこなかっただろう。

【不適切用法】育児に「ワンオペ」なんてないもし、保育所・幼稚園で保育士や教諭が「ワンオペ」と言っていたらどうだろう。良い気分にならないのが親として真っ当な心理なはず。その一方で、我が子との暮らしを「ワンオペ」と言ってのける親がいる。あなたがどう思うか訊きたいところだ。もし「ワンオペ」と言い放つ保育士や教諭に不快感を抱きながら、自身が「ワンオペ育児」と...

「コスパ」レビューを撲滅せよ

「コスパ」が溢れかえる事情を納得いただいた上であなたに伝えたい。

語求(ごきゅう)
語求(ごきゅう)
「コスパ」レビューを撲滅せよ

「PB」により殺された「コスパ」は役に立たないどころか「害」であり「コスト」や「プライス」の視点しかない感想は購入を検討する際に「妨げ」でしかないからだ。「コスパ」乱用は社会悪である。

語求(ごきゅう)
語求(ごきゅう)
「殺された」対象を「撲滅せよ」とは不可解な主張だと感じた人に付言しておきたい。
語求(ごきゅう)
語求(ごきゅう)
撲滅対象は死骸をバラ撒く投稿者や発信者の行為であるということを。

コメントができる媒体なら私は発信者に直接意見を述べる。

それができない環境なら掲載元へ報告を行っている。問い合わせフォームや報告ボタンなどを使って。

加えて自分が購入した商品のレビューで「コスパ」批判をしている。その一部を下記しておく。

私の「コスパ」批判レビュー

California Gold Nutrition, BCAAパウダー、AjiPure®(アジピュア)、分岐鎖アミノ酸、454 g(16 oz)

(略)

BCAAを摂取する目的について書きましたが「何のために摂るのか」これはサプリメント全般に言えます。

足りない栄養素を補うためであったり、パフォーマンスを向上させるためであるはず。身体へのアプローチが主目的。

にも関わらず、「味の事にしか触れていないのに」評価を下げたり安いだけで「コスパコスパ」と連呼したり、凡そサプリメントレビューとは言えないものばかり。

味と金でサプリメントを語るなんて本末転倒です。味覚だけを語るのなら嗜好品のレビューでどうぞ。味と金の事しか書いていないレビューは私にとって邪魔でしかありません。

サプリメントを摂る目的とコスパの意味をよく調べてからレビューしろと言いたい。

 

もしあなたが「コスパ」の乱立と語義の崩壊に憤りを覚えているなら、積極的に批判行動をとってほしい。

そして「コスパ」を撲滅しよう。

この記事の評価

ABOUT ME
アバター画像
語求(ごきゅう)
「適切な言語感覚」を探求する者。「言葉の変化全肯定論者」の軽薄さと危険性を独自の視点で暴き出す。「言葉は生き物」「言葉に寛容になれ」と心無い批判をされた人よ。あなたの言語感覚は間違っていない。そんな奴らに屈するな。国防に必要なのは核武装 と言語の保守だ。アイコンはユルいが50代の筋トレおじさん。
Subscribe
Notify of
guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x