当ブログについて

管理人は反日である

管理人は反日である

このブログを訪問してくださるあなたに伝えておきたいことがある。

「私は反日」だ。

この発言を見てあなたはどう思っただろうか。

知るかよ。
そんな自分語りどうでもいいわ。
こいつは自虐史観を肯定したり外国人参政権や移民に賛成しているのか?

思いは様々かも知れない。

「反日」と言っても、私は自虐史観に否定的だし外国人参政権や移民にも反対の立場だ。皇統あっての日本だという揺るぎない気持もある。

ではどこが「反日」なのか。言語をないがしろにする日本人や日本社会に対して批判しているところが「反日」なのだ。

語義や用法を無責任にいじくり回す日本人や日本の風潮に異を唱えているのだから、自ずと「反日」になる。

故・西部邁氏が、心の中では「反日になった」と、持ち前のユーモアを混じえながら皮肉を述べていたのを観て、私もそのスタンスを拝借しようと思ったわけだ。

私が反日を自負するのは上記のように軽薄な理由なのだが、日本人を批判している記事が多く、実を伴っているからよしとしている。

私のブログを見て「こいつは日本の敵だ」と感じる人も少なくないだろう。それは正しい見方である。

「言葉は変化する」「言葉は生き物」という観念が多数派を占める日本が嫌いなのだから。

ただ、これだけは強調しておきたい。

私は反日だが売国ではない

(略)

漢書で「世(せ)論」といってみても、それは「世にはびこる論」のことで、昔の「輿論」とは異なります。輿論というのは、「社会の台(輿)にいる庶民が心中に抱く常識」のことです。

そんな土台も庶民も常識もなくなったのが現代社会です。だから、言葉の土台も失われて、人々は目前に流れる言葉に束の間だけ唱和し、それが流れ去れば、自分の意見が何であったかさえ忘れてしまうという顛末です。

(略)

言語的動物に過ぎぬ人間が、おのれの存在の根拠である言葉を軽んじ壊し忘れていくというのは、無残としか形容の為し様がありません。

この記事の評価

ABOUT ME
Avatar photo
語求(ごきゅう)
「適切な言語感覚」を探求する者。「言葉の変化全肯定論者」の軽薄さと危険性を独自の視点で暴き出す。「言葉は生き物」「言葉に寛容になれ」と心無い批判をされた人よ。あなたの言語感覚は間違っていない。そんな奴らに屈するな。国防に必要なのは核武装 と言語の保守だ。アイコンはユルいが50代の筋トレおじさん。